2009年5月23日土曜日

全日本ロードレース選手権第3戦九州大会・予選


前日までの悪天候も回復し、予選日は絶好のコンディションとなりました。
 
通常ST600クラスの予選はA/B2クラスに分け、午前と午後の2セッションで行います。
しかし、今回のオートポリス大会はASIA RoadRacing ChampionChip第2戦と併催となり、予選方法が異なりました。
1周4.674Kmのコースに総数51台がいっせいにコースインして、しかもセッションは1回のみ。
前日の悪コンディションの影響で十分な車両チェックが出来ておらず、通常と違う予選スケジュールにも戸惑ってしまい、まさかの予選14位・4列目スタート。
他の有力ライダーたちも、かなり戸惑っていましたね・・・。
しかし、昨年のオートポリス大会では3列目スタートから2位表彰台を獲得していますので、野田のロケットスタートに期待しましょう。
皆様の応援を宜しくお願い致します。
 
☆おまけ☆

この写真は、タイヤマーキングの順番待ちの様子です。
全日本選手権では各クラスとも、予選と決勝レースで使用するタイヤの本数が決まっている為、タイヤにチェックを行うのです。
レースの華やかな舞台裏の地味~な!?、1シーンでした。